病院指標

はじめに
 臨床指標(クリニカルインディケーター)とは、医療の質を様々な指標を用いて具体的な数値で示し、客観的に評価することができるようにしたものです。指標を分析し、また経年的変化をみていくことにより、必要な改善を促し、医療の質の向上を図るとともに、患者さんにとって分かりやすい医療情報を提供することを目的としています。そこで当院では、実際の医療内容の一部ですが、臨床指標を作成し、公開することとしました。当院の入院診療請求はDPC制度を導入しております。公開する数値は、主にこのDPCデータを基に作成しております。DPCデータからは全国統一の定義と形式に基づき指標を作成することができます。臨床指標を公開し、市民の皆様へ当院の急性期病院としての役割を把握し、良質な医療サービスが提供できますよう改善に努めてまいります。

DPC(診断群分類別包括制度)とは
入院患者さんの病気とその症状を基に国で定めた1日あたりの定額の点数から入院医療費を計算する制度です。

全体の集計方法と定義
集計期間:平成27年度(平成27年4月1日~平成28年3月31日)
対象患者さんは平成27年度に退院された患者さんで、医療保険を使用された患者さんを対象に集計をしております。

▶️病院指標へ

Page Top