病理外来

病理外来とは

「良性」と言われたけれど本当に「がん」ではなかったのだろうか?
「乳癌で乳房を切除しなければならない」と言われたけれど納得がいかない…、手術したのにどうして、その後も化学療法をしなければならないの? などの不安やお悩みはございませんか?
病理外来では、病理診断の結果とその内容について、病理診断のプロである病理診断の専門医が、患者さんの立場に立って丁寧に、詳しくご説明いたします。がんの広がりや、深さ、性格など一般的にはあまり説明されない内容も含まれますが、患者さんとご家族が納得し安心して治療が受けられるようにお手伝いいたします。
当院以外からのセカンドオピニオンにも対応いたします。
(ケースにより異なりますが、ご説明時間は約30分から1時間となります)

病理外来の受診方法

【当院の患者さんの場合】
主治医に病理外来を希望とお伝えください。
必要な書類はありません。当院でご用意いたします。
料金:外来診療料となります。(1割負担の方:70円、3割負担の方:210円)

【当院以外(セカンドオピニオン)の患者さんの場合】
当院の医療連携室を通じてのお申し込みとなります。また、現在おかかりの主治医の先生に当院でのセカンドオピニオンを希望する旨をお伝えください。お申し込みの際、問診票と病理外来申込書をご提出いただきます。その後、日程の調整に短期間ですがお時間をいただきますので、ご了承ください。病理外来の診断に必要な書類の作成がありますので、お申込みいただいてから受診日までには10日から2週間を要します。

お申し込み方法 医療連携課へご連絡ください。
連絡先 0265-22-5150(代)「病理外来希望」とお伝えください。
Fax ※1 0265-56-0032(医療連携課)・申込書(PDF形式)・問診票(PDF形式)
必要な書類【申込の際】 1)病理外来申込書(PDF形式)
2)問診票(PDF形式)
【外来日1週間前まで】 1)現在かかりの主治医の先生からの診療情報提供書
2)病理診断報告書
3)病理ガラス標本
4)同意書
5)レントゲンやCT画像など(入手できない場合は提出不用)
当日必要な書類 1)保険証
料金 10,000円(税抜)

※1 病理外来申込書・問診票をダウンロードし印刷後、当院医療連携課にFAXにてご提出いただくこともできます。
※必要書類と提出方法、提出期限についてはこちらで責任を持ってご連絡いたします。

病理外来受診までの流れ

日程及び流れ 問診票、病理外来申込書のご提出
日程の調整
当院医療連携課から日程及び必要書類のご連絡
必要書類のご提出(受診日1週間前までに)
外来当日
病理外来 終了後、会計となります。

※お借りした書類などは、当院で責任を持ってご返却をいたします。
※原則として医療訴訟に関わる相談はお受けできませんのでご承知おきください。

Page Top