腎臓内科

当科の特徴

腎臓内科では、健康診断などで発見された尿検異常から、腎炎・腎不全治療まで、急性・慢性、一次性・二次性を問わず、内科的腎疾患の診療や血液浄化療法をおこなっています。当院には35床の血液浄化センターがあり、主に血液透析の導入・維持、検査・治療目的に入院中の維持透析患者の透析管理を行っています。その他にも各種血液浄化療法(血漿交換、血漿吸着、白血球除去療法など)も対応しています。

主な対象疾患

IgA腎症、ネフローゼ症候群、多発性嚢胞腎(PKD)、慢性腎臓病(CKD)、糖尿病性腎症などの腎疾患、全身性エリテマトーデス(SLE)、ANCA関連腎炎などの膠原病・全身性血管炎症症候群、腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)導入までの管理、および難治性高血圧症、電解質・酸塩基

Page Top