フットケア外来

こんなお悩みはありませんか?

「自分で歩ける足を守る」

平成28年2月10日(フットケアの日)に、患者さんの「歩ける足を守る」ことを目的として、循環器内科医師、外科医師、糖尿病看護認定看護師を中心にフットケア外来を開設致しました。
人は足から老いると言われます。歩行機能低下が、脳卒中、心臓病、認知症、転倒骨折などの病気の始まりであるという考え方です。逆を言えば、歩行機能を維持することで、これらの病気の危険性を下げることができ、これは医学的にも証明されています。皆さんの周りにも、よく歩いている元気なご高齢の方がいるのではないでしょうか。
足の病気は多岐に渡り、非常に多くの方が持っています。胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)、白癬(水虫)、外反母趾などの変形は、「痛み」や「不安定」の原因となり得ます。加えて、血流障害、腎臓病(透析患者)、糖尿病、皮膚疾患、整形外科疾患などの素因を持つ方は、「潰瘍」や「感染」に発展する可能性があり、最悪の場合は「下肢切断」や「生命の危機」に繋がることもあります。これら怖い状態になるきっかけには、合わない靴や足の手入れ不足・運動不足が関係していることも忘れてはいけません。患者さんの足を診ることで、全身の病気を早期発見できたり、その方の生活の悪習慣まで見えてきたりすることもあるのです。
このように非常に複雑な病態を呈する足の病気ですが、日本には足の専門職がありません。そのため我々フットケア外来では、チームで足の病気に立ち向かいます。足に関するお悩みがある方は是非ご相談ください。一緒に健康寿命を延ばしましょう!

対象・疾患

歩行機能維持という観点から全ての方が対象です。糖尿病の方、腎臓病(透析患者)の方は、足の病気が悪化する可能性が高いため特に注意が必要です。

  • ・タコ、ウオノメが痛い
  • ・水虫が心配
  • ・外反母趾などの変形が痛い
  • ・巻き爪、陥入爪、肥厚爪が痛い
  • ・靴、中敷きが合わない
  • ・足が冷える、足がつる  → 末梢動脈性疾患、慢性静脈不全など
  • ・足がむくむ       → 慢性静脈不全、リンパ浮腫など
  • ・血管がボコボコしている → 慢性静脈不全(下肢静脈瘤)など
  • ・潰瘍、壊疽       → 糖尿病足病変、末梢動脈疾患、慢性静脈不全など

治療

当院では下記治療が可能です。

  • ・一般的なフットケア       :保清、保湿、爪切り、グラインダーなど
  • ・皮膚白癬、爪白癬の治療     :外用薬や内服薬
  • ・巻き爪、陥入爪の治療      :爪処置、テーピング、3TO(爪矯正法)など
  • ・末梢動脈疾患の治療       :動脈狭窄や動脈閉塞に対するカテーテル治療
  • ・下肢静脈瘤の治療        :血管内焼灼術、瘤切除、硬化療法
  • ・慢性静脈不全、リンパ浮腫の治療 :弾性包帯や弾性ストッキング
  • ・靴、中敷き不適合の治療     :義肢装具士による適合、調節

特徴

当外来では、多職種で患者さんの足を診ております。フットケアチーム内に、日本フットケア・足病医学会認定のフットケア指導士が3名、弾性ストッキングコンダクターが7名在籍しております。また、外部から義肢装具士に来ていただき、靴や中敷き、装具の相談にも乗っております。(曜日の限定があります)
当外来では、治療だけでなく予防にも努めております。特に治療が完了した方には、セルフケアを積極的に指導し、再発予防ができるようにしております。
当院フットケアチームは、院内外の啓発活動も行っております。健康教室や市民公開講座など、ご協力させていただける場合はご連絡をください。啓発活動の一環として、下記もご参照ください。

▶『歩ける足を守ろう!お家でできるエクササイズ』動画

診療スタッフ

竹内和航

竹内 和航(循環器内科医長)

専門領域
循環器領域・カテーテルによる血管内治療、フットケア
資格・所属学会
日本内科学会 認定内科医、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会 認定医、日本フットケア・足病医学会 フットケア指導士、日本不整脈心電学会、日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医、日本救急医学会、日本災害医学会、日本DMAT隊員

馬場智子

馬場 智子(循環器内科医師)

専門領域
内科(循環器内科)
資格・所属学会
日本内科学会 認定内科医、日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会、日本不整脈学会

診療日

毎週火曜日 14時から(予約制)
毎週水曜日 15時から(予約制)

問い合わせ先

当院外科外来 (月~土曜日対応。電話でのお問い合わせは、できれば午後にお願いします。)

Page Top