消化器内科

当科の特徴

食道・胃腸と肝臓・胆のう・膵臓に関する消化器疾患全般の診療にあたります。
精密な診断と適確な治療のために最先端の医療技術や知見をたえず習得し、最小の負担で最大の治療効果を上げることを心がけています。

診療体制

診断から治療まで一貫して行えるように、内科と外科の緊密な連携体制をとっています。例えば、おなかが痛い原因が虫垂炎や腸閉塞であったとき、すぐ手術すべきか、それとも薬物療法で治療可能かどうかなど、内科・外科の垣根なく診断と治療を提供します。

主な対象疾患と治療

逆流性食道炎、食道静脈瘤、胃潰瘍、胃がん、大腸がん、大腸ポリープ、機能性ディスペプシア、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)などの消化管疾患と胆道疾患(総胆管結石、胆嚢炎、閉塞性黄疸)、肝疾患(慢性肝炎、肝硬変)、膵疾患(膵炎、膵がん)などが対象です。

肝炎に対する抗ウイルス療法や、炎症性腸疾患に対する顆粒球吸着療法など、それぞれの疾患に対し専門性の高い治療を行うことができます。

高齢者の大腸悪性狭窄に対しての大腸ステント留置術や、胃瘻造設(PEG)不適症例に対して経食道胃管造設(PTEG)など、種々の選択肢を提供することができます。

食道癌、食道胃静脈瘤、胃潰瘍、胃癌、十二指腸潰瘍などの上部消化管疾患、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸癌、腸閉塞などの下部消化管疾患、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌などの肝疾患、胆嚢結石、総胆管結石、胆のう癌、胆管癌などの胆道系疾患、急性膵炎、膵癌などの膵疾患が多くを占めています。
digestive01

診療実績

早期胃がん、早期大腸がんの内視鏡治療実績は南信地域でもトップレベルにあります。週刊朝日「手術数でわかるいい病院ランキング(東日本編)」(2015年8月)にも掲載されました。粘膜下層剥離術(ESD)は年間約40件です。
また大腸ポリープの治療は、患者さんの利便性をはかるため日帰り手術を積極的に行っています(年間約200件)。

  2012年 2013年 2014年 2015年
上部内視鏡検査数 3,036 3,069 2,908 3,189
下部内視鏡検査数 730 823 926 951
内視鏡的逆行性膵胆管造影 65 64 76 79

内視鏡検査を受けられる方へ

ご希望により、経鼻内視鏡ファイバーを用いた検査や鎮静剤の投薬を行いますので、スタッフにお問い合わせください。

診療スタッフ

原栄志

原 栄志(副院長・消化器内科部長)

専門領域
消化器・内視鏡的診断と治療
資格・所属学会
日本消化器内視鏡学会/日本消化器病学会/日本循環器学会/日本内科学会/昭和大学横浜市北部病院・消化器センター兼任講師

 

Page Top