教育について

kyoiku

質の高い看護を提供するために、スキルアップをめざします。

飯田病院では、より質の高い看護を提供するプロの職人育成をめざし、総合的な知識・技術を習得できる系統的な教育を実践します。

OJTとoffJT教育を柱にした新人教育

新人教育では丁寧な指導と実践研修により、必要な基礎知識習得のほか、看護師を目指す若い人たちがやる気を持って着実にレベルアップできるカリキュラムを取り入れています。また、新人の不安や小さな疑問にも適切にアドバイスし不安の払拭やストレスの軽減が図れるよう先輩看護師とペアになり実践の中仕事を覚える「プリセプター制度」を取り入れています。

より高い自分をめざすリーダーとしての教育

4年目以降は「プリセプターシップ」の勉強が始まり後輩看護師を育てる立場になります。また、各自の意欲や目標に合わせてチームリーダや組織の中核スタッフを目指す研修が開かれます。やる気のある人には院内だけではなく院外の研修会・勉強会への参加の機会も開かれています。より、高い目標に向かって努力する人には多くのチャンスが与えられます。

プリセプターシップ

褥瘡管理者として院内のマットなどの褥瘡対策用品の整備・管理、褥瘡予防ケアの啓蒙活動など褥瘡対策チームと協力しながら行っています。
褥瘡の発生を少しでも減らし、また早く治るようにチーム一丸となって活動しています。また、ストーマ外来ではオストメイトの皆様が快適な生活を送れるように、生活相談・指導を行っています。病棟でもストーマ造設前後のケアや指導を病棟スタッフと協力しながら行っています。

卒後1年目

【卒後1年目】
新人研修は社会人としての心構えや基本的な知識・技術を学び、常に看護になる関わりを追求します。
到達課題 1年目教育
◉新人
○病院組織の概要と看護部の役割を理解する
○組織人としての心構えを確立し、医療チームの一員として適応できる
○基本的な看護の知識・技術・態度を習得する
○看護チームの一員としての役割、責任が果たせる
○ナイチンゲールの看護の視点を共有した上で看護概念基準を理解する
◉プリセプター
○プリセプターの役割りが果たせる
○プリセプターがその役割を通して指導者として成長することができる

【卒後2年目】
○ナイチンゲール看護論を使い看護プロセスの事例をまとめる
<到達課題 2年目教育>
○当院の看護基準を基本に看護過程が展開できる
○2事例をまとめることにより明確な看護観を持つことができる
○受け持ち看護師としての役割を果たせる
◉エルダー
○指導を通し自己開発ができる

卒後3年目

【卒後3年目】
リーダーに求められる能力や実践的なカンファレンスなどもカリュキュラムに。受け持ち患者への看護も深め1事例をまとめる。
<到達課題 3年目教育>
○リーダーシップを発揮しチーム内で自発的に行動できる
○主体的に受け持ち患者に関わりその看護過程をまとめることにより自己の看護観を深める
○キャリアデザインについて考えることができる
◎エルダー
○指導を通して自己開発できる

【卒後4年目以降】
プリセプター研修が始まり4年目以降は専門領域の学習会、チームリダー研修、看護研究と次第にレベルアップ。日看協の研修や臨床指導者教育、認定看護師教育などキャリアアップの機会も多くなる。
<達成課題4年目教育>
○固定チームナーシングの充実とチームリーダの育成を行う。
○各自の目標管理を通じてキャリア開発を行う
○看護研究の質の向上を図る
○認定資格者の育成、支援を行う

【管理者教育】
管理という立場はこれまでと違ったスキルが求められる。研修、ファーストレベル参加、セカンドレベル参加により人をまとめ組織をコーディネートする力量を養う。

contact-bnr-012-2

Page Top