耳鼻咽喉科

当科の特徴

耳鼻咽喉科というのは、みみ、はな、のどという部位の病気をみる科です。もう少し詳しく言いますと、鎖骨から上の脳と目の玉以外の部分はすべて診療範囲という広い領域を診療範囲としていますが、特にみみとはなを専門にしています。

●ガイドライン診療を尊重しています。

部長は日本の急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン、アレルギー性鼻炎に対する免疫治療の指針などのガイドライン委員であり、自らも新しい臨床試験成績報告の情報収集を継続していくとともに、最新の科学的な診療をモットーとしています。

●感覚器診療のエキスパートです。

耳鼻咽喉科の感覚器は「みみ」と「はな」です。
みみの治療では、週刊朝日ムックの「手術数でみるいい病院」に3年連続で掲載されています。ほとんどの慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎について当院で手術からアフターケアまで対応しています。

はなの治療では、長期間にわたって治る治療をしています。
これまでの鼻の症状「くしゃみ、はなみず、はなづまり」はクスリを使っているときだけ症状が軽くなるだけでした。そのため、1年中、あるいは季節が来ると、あるいは風邪をひくと、症状が出てしまう方は出てしまいます。
このような厄介で難治な鼻の症状を長期間にわたり治そうという治療をしています。

具体的には、鼻づまりは日帰り、あるいは短期入院手術でほぼ治ります。
花粉症やダニアレルギーはすっかり治ること目指す免疫治療をしています。

●アレルギー診療のエキスパートです。

部長はアレルギー科の専門医とさらに上級の指導医の資格をもっています。
アレルギーは大変なおりづらく、煩わしい病気です。その一方で生命の危機に陥ることが少ないため、正確な診断や適切な治療が地方都市ではなかなか充分ではありませんでした。
最新の知見の収集と、大学病院などの最先端の医療機関とのコネクションを大切にしています。
当院でも先端の診断と治療をしてまいりますが、当院での診察をうけることで、最先端の診断と治療への情報が提供できるようにしています。

●2つの国立大学の非常勤講師をしています。

在籍した千葉大学と山梨大学で耳鼻咽喉科教室の非常勤講師をしています。研究者として自身の研鑽とともに若手医師の指導をしています。

主な対象疾患

中耳炎・慢性中耳炎

慢性中耳炎には、単純慢性中耳炎と真珠腫性中耳炎がありますが、どちらもお薬の治療では改善することはなく、手術が必要な疾患です。
鼓室形成術は当科で行う耳手術として一般的です。
中耳炎で鼓膜の穿孔が治らなくなってしまった8歳女児の手術経過です。otolaryngology1

手術では鼓膜の欠損を修復するだけでなく、鼓膜の奧にある耳小骨の動きもチェックしてまいります。
術後の聴力の大幅な改善をみました。

otolaryngology2

中耳炎・慢性中耳炎

慢性副鼻腔炎・肥厚性鼻炎
薬でも充分な効果のない鼻つまりや、慢性的な鼻つまりには手術が効果的です。
日帰りで行うコブレーション手術と入院で行う内視鏡手術をしています。

これは鼻の穴の中の内視鏡写真ですが、術後は粘膜の肥厚が取れて、空気の通り道が確保されています。
otolaryngology3

強度の鼻中隔弯曲症+肥厚性鼻炎の方には入院で行う手術をします。鼻中隔の曲がりも取れて、下鼻甲介粘膜の中の骨を抜いて大変スッキリした鼻になっております。
otolaryngology4

このような手術は
・鼻つまりのひどいかた
・くすりの効きにくい方
・くすりを避けたい方(妊娠を計画している、受験生、など)
に特にお奨めしています。

診療スタッフ

日本耳鼻咽喉科学会専門医が診療に当たっています。

堀口 茂俊(耳鼻咽喉科部長)

専門領域
耳の病気、鼻の病気、花粉症・耳の手術・鼻の手術
資格・所属学会
日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門医/日本アレルギー学会 専門医・指導医・代議員/日本鼻科学会・幹事・代議員/日本耳科学会/日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会/日本免疫学会/日本頭頸部癌学会/補聴器適合判定医/補聴器相談医/急性鼻副鼻腔炎診療ガイドライン作成委員/免疫療法(減感作療法)ガイドライン作成委員

耳鼻咽喉科部長の最近のメディア掲載

  メディア名 内  容
2016/04/20 医療タイムス 長野市薬剤師講座 花粉症
2016/03/25 産経新聞 全国版 くらしナビ 花粉症
2016/02/19 南信州新聞 花粉シーズン到来 新しい治療が実用化
2015/12/26 南信州新聞 飯田病院で「舌下免疫療法」
2015/10/10 信濃毎日新聞 補聴器 付ける前にひと工夫
2015/03/11 南信州新聞 舌下免疫療法始まる
2013/11/12 信濃毎日新聞 補聴器 付ける前にひと工夫
2013/02/22 南信州新聞 花粉情報確認し「初期療法」を
2013/2/15 南信州新聞 スギ花粉を確認 警戒よびかけ
2013/02/06 南信州新聞 花粉情報提供 行動様式の変化を探る
2013/02/06 信州日報 自動センサーで花粉測定
2013/02/05 信濃毎日新聞 飯田病院で花粉測定
2012/04/12 中日新聞 長野版 花粉飛散予測地図をネットで公開
2012/04/07 信濃毎日新聞 花粉予測 堀口所長さんの調査機関
2012/03/29 信州日報 飯田の花粉
2012/03/04 読売新聞 中南版 病院の実力 アレルギー
Page Top