個人情報保護方針

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

社会医療法人 栗山会は信頼の医療に向けて、患者様に良い医療を受けていただけるよう日々努力を重ねております。「患者様の個人情報」につきましても適切に保護し管理することが非常に重要であると認識し、以下の個人情報保護方針を定め確実な履行に努めます。

1. 個人情報保護方針
当法人は個人情報保護に関する法律を遵守し、個人情報の適切な保護と利用に努めます。

2. 個人情報の適正な取得・利用目的について
当法人は業務に必要な範囲において、適正に個人情報を取得します。患者様の個人情報を收集する場合、診療・看護および患者様の医療にかかわる範囲で行います。当法人は、患者様の個人情報の利用目的につきましてはその取扱いには細心の注意を払い、本来の利用目的の範囲を超えて使用いたしません。
利用目的については院内掲示およびホームページにより公表します。

3. 院内掲示事項への同意について
1)利用目的で同意しがたい事項がある場合は、その旨を担当窓口までお申し出ください。
2)お申し出がないものについては、同意していただけるものとして取り扱わせていただきます。
3)これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更することができます。

4. 第三者への提供について
当法人は、ご本人の同意がある場合や以下の場合を除いて、第三者に個人情報を提供しません。
1)法令に基づく場合
2)人の生命、身体または財産の保護に必要な場合
3)公衆衛生、児童の健全育成に必要な場合
4)国、地方公共団体等に協力する場合

5. 開示等への対応について
当法人が保有する個人データについて、ご本人から請求があった場合は、以下の場合を除き、法令等規定により開示に対応します。
開示を拒み得る場合
1)診療情報の提供が、患者本人の心身の状況を著しく損なうおそれがある場合
2)対象となる診療情報が、第三者の権利・利益を害するおそれがある場合
3)医療従事者の主観的評価・感想・思考過程などの評価観察情報が、患者さんとの信頼関係を著しく損なう恐れがある場合
4)上記1)、2)、3)のほか、診療情報の提供が不適当とするに事由がある場合

6. 安全管理措置について
当法人は、個人情報の正確性を確保するとともに、安全管理体制を整備して個人データの適切な管理を行ない、漏洩等の防止に努めます。また従業員の指導を適切に行なうとともに、個人データを取り扱う事務を委託する際は、必要な契約を締結し、適切な監督を行ないます。

7. 問い合わせの窓口
当法人の個人情報保護方針に関してのご質問や患者様の個人情報のお問い合わせは下記の窓口でお受けいたします。
 担当 「患者様相談窓口」

平成31年4月1日
社会医療法人栗山会
理事長 原 重樹

 

当院における個人情報の利用目的

1、院内での利用

1)患者さんに提供する医療サービス
2)医療保険事務
3)入退院等の病棟管理
4)会計・経理
5)医療事故等の報告
6)当該患者さんへの医療サービスの向上
7)院内医療実習への協力
8)医療の質の向上を目的とした院内症例研究
9)その他、患者さんに係る管理運営業務

2、院外への情報提供としての利用

1)他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者との連携
2)他の医療機関等からの照会への回答
3)医療・介護・福祉・保健分野で法人内の円滑なサービス提供のため、各施設間での情報提供
4)患者さんの診察等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
5)検体検査業務等の委託
6)ご家族等への病状説明
7)保険事務の委託
8)審査支払機関へのレセプトの提供
9)審査支払機関または保険者からの照会への回答
10)事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者へのその結果通知
11)医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または届出等
12)その他、患者さんへの医療保険事務に関する利用

3、その他の利用

1)医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
2)外部監査機関への情報提供
3)治験又は製造販売後臨床試験に係る調査および支援業務の委託
4)専門医制度と連携したデータベース事業への協力

4、匿名加工情報の作成・提供について

1)匿名加工情報について
当院は、DPC(Diagnosis Procedure Combination)の導入の影響評価及び今後のDPC制度の見直しを目的として厚生労働省が収集し管理する情報(DPCデータ)を作成しております。また、審査支払機関への請求のため、保険診療に係る費用につき、診療報酬明細書(レセプト)を作成しています。
DPCデータは診療録および診療報酬明細書の情報から、レセプトデータは医療機関情報・保険者情報・診療行為情報・医薬品情報・特定器材情報等から構成されています。
DPCデータ並びにレセプトデータを利活用することにより、患者さんに提供する医療の質向上およびその効率的な運営が期待されます。そのため、当院ではこれらのデータを匿名加工して匿名加工情報を作成し、匿名加工情報を継続的に第三者に提供しています。作成及び 第三者提供する匿名加工情報には、DPCデータ並びにレセプトデータの情報が含まれます。これらの情報に患者さんの氏名・住所・電話番号は含まれず、個人を特定する内容はありません。

2)作成した匿名加工情報に含まれる個人に関する情報
○DPCデータ(Eファイル・Fファイル・様式1、Dファイル)
○EファイルおよびFファイル形式の外来データ
○電子レセプト(医科およびDPC)
氏名・住所・電話番号は含まれません。また、生年月日・郵便番号・各種保険証に関する情報は下記のように変換されます。
・生年月日:生年月および入院時年齢に変換
・郵便番号:上3桁のみに変換(下4桁を削除)
・各種保険証に関する情報:保険者番号(※)のみに変換
※保険者番号とは健康保険事業の各運営主体を指す番号です。

3)匿名加工情報の提供の方法
作成した匿名加工情報は、暗号化した後、提供先が運用管理するサーバへのアップロード、または外部記録媒体を郵送する方法で提供します。

4)匿名加工情報の安全管理
作成した匿名加工情報は、第三者提供後速やかに削除し、当院で匿名加工情報を保管あるいは利用しません。

付記

1、上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を患者相談窓口までお申し出ください。
  (電話:0265-22-5150 ) 
2、お申し出がないものについては、同意していただいたものとして取り扱わせていただきます。
3、これらのお申し出は、後からいつでも撤回、変更することができます。

 

患者さんの個人情報保護についてのお知らせ

当院では、患者さんに安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供するとともに、患者さんの個人情報の取り扱いにも、万全な体制で取り組んでいます。

個人情報の利用目的について
当院では、患者さんの個人情報を別記目的で利用させていただくことがございます。これら以外の目的で利用させていただく必要が生じた場合には、改めて患者さんからの同意をいただくことにしております。
個人情報の開示・訂正・利用停止について
当院では、患者さんの個人情報の開示・訂正・利用停止等につきましても「個人情報の保護に関する法律」の規定にしたがって進めております。

個人名の取扱いについて
当院では医療事故防止のため、次の事項について個人名を利用させていただきます。
・ 受付・会計・外来・病棟・検査などでお呼びするとき
・ 緊急の場合の院内放送
・ 病室入口の表示
・ ベットネーム・ スタッフステーション内での表示
尚、病室入口の個人名につきましては、ご希望されない場合は対応させていただきますのでお申し出ください。

面会について
当院では、面会の方がお見えになった場合はご案内させていただきます。尚、ご希望されない場合はあらかじめお申し出ください。
手続きの詳細のほか、ご不明な点につきましては、窓口までお気軽におたずねください。

電話での問い合わせについて
電話での病状・入院の有無についてのお問い合わせは応じられません。家族にお聞き下さい。
尚、災害等緊急時の場合はその限りではありません。

 

医療の質と活動の実態調査・改善事業について

Page Top