病院沿革

明治36年 飯田市本町4丁目に「飯田病院」創立。
初代院長 原耕太郎。
診療科目:内科・産婦人科・外科・皮膚病梅毒病
大正元年 「医は仁術、営業に非ず 医療費の受取りに印紙貼付は不要」医業に関する印紙税法裁判で院長原耕太郎 勝訴。
大正5~7年 現在地(飯田市大通1丁目15番地)へ建築・移転 伝染病科増設。
大正14年 神経精神科 新設。
昭和2年 飯田病院付属看護婦養成所、開設。
昭和7年 初代 原 耕太郎院長急逝。
二代 原 農夫就任。
昭和26年 伝染病科を廃止。
昭和27年 看護婦養成所の経営を医師会に委譲する。
昭和31年 二代 原 農夫院長 没。
三代 原 享二院長就任。
「医療法人栗山会(財団)」設立。
昭和41年 精神科病棟4階建 新築。
昭和46年 一般科病棟5階建 新築。
昭和49年 管理棟2階建 新築。
昭和53年 四代 原 正中院長就任。
昭和59年 東病棟3階建 新築。
昭和62年 飯田病院附属阿智診療所を開設。
平成 2年 飯田病院附属阿智診療所を新築移転。
平成 3年 老人保健施設「アップルハイツ飯田」を開所。
平成 5年 老人性痴呆疾患センターを開設。
平成 6年 五代 千葉 恭院長就任。
平成 9年 訪問看護ステーションたんぽぽを開設。
平成12年 南棟(一般科病棟)7階建 新築。
訪問介護ステーションすずらんを開設。
アップルハイツ「痴呆性老人グループホームわたぼうし」を開所。
平成13年 北棟(精神科病棟)6階建、中央棟2階建 新築。
「重度痴呆患者デイケアからたち」を開所。
12月社会福祉法人楓会設立。
援護寮「はなみずきの郷」、南信地域活動支援センターを設置。
平成17年 日本医療機能評価機構認定病院。
平成21年 認知症疾患医療センターを設立。
平成25年 社会医療法人の認定を受ける。
平成27年 六代 原 重樹院長就任。
Page Top