病院概要

社会医療法人栗山会(りつざんかい)飯田病院

所在地 〒395-8505 長野県飯田市大通1丁目15番地
TEL 0265-22-5150 FAX 0265-22-3988
URL http://www.iida.or.jp/
病院設立日 明治36年(1903)9月1日
法人設立日 昭和31年(1956)4月1日
理事長 千葉 恭
院長 原 重樹
副院長 小宮山 德太郎、土屋 眞一、原 栄志
病床数 452床 一般病床212床(急性期機能3病棟160床 回復期機能1病棟52床)
精神病床240床
診療科目 内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・腎臓内科・神経内科・外科・小児外科・整形外科・精神科・アレルギー科・泌尿器科・婦人科(検診のみ)・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・病理診断科・臨床検査科・麻酔科
専門外来等 人工透析・人間ドック・精神科デイケア・重度認知症患者デイケア・糖尿病外来・ペースメーカー外来・人工肛門外来・外来化学療法・補聴器外来・病理外来
看護基準 【一般病棟入院料】      7:1看護
【地域包括ケア病棟入院料】13:1看護
【精神病棟入院基本料】  15:1看護
救急医療 二次救急指定病院
主要医療機器 MRI・全身用X線マルチスライスCT・シンチカメラ・血管連続撮影装置・体外衝撃波結石破砕装置・X線骨密度測定装置・自動生化学分析装置・乳房X線撮影装置 他
指定・認定等 ○救急告示病院
○二次救急指定病院
○精神科救急病院
○臨床研修病院(協力型)
○DPC対象病院
○結核指定医療機関
○生活保護法指定医療機関
○労働災害補償保険法指定医療機関
○労働災害補償保険法二次健康診断等給付指定医療機関
○原子爆弾被爆者一般疾病指定医療機関
○精神保健福祉法指定病院
○精神保健福祉法応急入院指定病院
○介護保険法指定居宅介護支援事業者【指定居宅介護支援事業】
○介護保険法指定居宅サービス事業者【訪問看護・居宅療養管理指導】
○介護保険法指定居宅サービス事業者【訪問リハビリテーション】
○障害者総合支援法指定一般相談支援事業者
【一般相談支援事業(地域移行支援・地域定着支援)】
○障害者総合支援法指定自立支援医療機関【育成医療】
○障害者総合支援法指定自立支援医療機関【更生医療】
○障害者総合支援法指定自立支援医療機関【精神通院医療】
○飯田市の定める障害者自立支援法に基づく指定特定相談事業の指定及び
児童福祉法に基づく指定障害児相談支援事業者等に関する規則に基づく
特定相談支援事業者
○認知症疾患医療センター
○日本医療機能評価機構 病院機能評価認定病院
○日本外科学会専門医制度関連施設
○日本整形外科学会専門医制度研修施設
○日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設
○日本泌尿器科学会専門医教育施設
○日本眼科学会専門医制度研修施設
○日本麻酔科学会麻酔科認定施設
○日本老年精神医学会専門認定施設
○日本静脈経腸栄養学会NST稼働認定施設
○日本静脈経腸栄養学会実地修練認定教育施設
○日本栄養療法推進協議会NST稼働認定施設
職員総数 671名(栗山会全体 785名)
敷地面積 12,527平方メートル
建物延面積 24,863平方メートル
関連施設 ●飯田病院附属阿智診療所
所長 千葉 隆一
開設日 昭和62年8月1日
診療科目:内科・泌尿器科
長野県下伊那郡阿智村駒場465番地 TEL0265-43-4180

●介護老人保健施設アップルハイツ飯田
施設長 松下 高曉
開所日 平成3年7月1日
入所定員 100名(うちショートステイ20名)
通所定員 40名
長野県飯田市羽場権現1618番地 TEL0265-21-1165

●訪問看護ステーションたんぽぽ
開設日 平成9年4月1日
長野県飯田市大通1丁目30番2 TEL0265-22-8620

●ヘルパーステーションすずらん
開設日 平成12年9月1日
長野県飯田市大通1丁目30番2 TEL0265-22-5260

●飯田病院在宅介護支援センター
長野県飯田市大通1丁目30番2

●飯田病院居宅介護支援事業所
長野県飯田市大通1丁目30番2

●アップルハイツ飯田居宅介護支援事業所
長野県飯田市羽場権現1618番地

●認知症対応型共同生活介護事業所グループホームわたぼうし
開所日 平成12年10月1日
入所定員9名
長野県飯田市羽場権現1618番地 TEL0265-24-2315

●共同生活介護事業所・共同生活援助事業所アシスティさつき
3棟 「アシスティさつき、さつき(北館)、やよい(南館)」
入所定員 合計26名

●認知症疾患医療センター
認定日 平成21年4月1日
長野県飯田市大通1丁目15番地 TEL0265-22-3157

関連法人 社会福祉法人 楓会
有限会社 サン・フィールド

当院では、下記の事項について地方厚生(支)局長に届出を行っています。

1. 基本診療料
一般病棟入院基本料1(7:1)、精神病棟入院基本料3(15:1)、救急医療管理加算、診療録管理体制加算1、医師事務作業補助体制加算1(15:1)、急性期看護補助体制加算1〔25:1(看護補助者5割以上)〕(夜間100:1急性期看護補助体制加算、夜間看護体制加算)、(看護配置加算、看護補助加算1)、療養環境加算、精神科応急入院施設管理加算、精神科地域移行実施加算、精神科身体合併症管理加算、精神科リエゾンチーム加算、重度アルコール依存症入院医療管理加算、栄養サポートチーム加算、医療安全対策加算1、感染防止対策加算1、感染防止対策地域連携加算、患者サポート体制充実加算、褥瘡ハイリスク患者ケア加算、精神科救急搬送患者地域連携受入加算、総合評価加算、データ提出加算2のイ、退院支援加算1(地域連携診療計画加算)、認知症ケア加算1、精神科急性期医師配置加算、地域包括ケア病棟入院料1(看護職員配置加算、看護補助者配置加算)、精神科急性期治療病棟入院料1

2. 特掲診療料
高度難聴指導管理料、喘息治療管理料、糖尿病合併症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料1・2、がん患者指導管理料1・2、糖尿病透析予防指導管理料、院内トリアージ実施料、夜間休日救急搬送医学管理料、外来リハビリテーション診療料1・2、がん治療連携指導料、認知症専門診断管理料1・2、排尿自立指導料、薬剤管理指導料2・3、地域連携診療計画加算、検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料、医療機器安全管理料1、在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料、検体検査管理加算(Ⅰ)及び(Ⅳ)、神経学的検査、補聴器適合検査、コンタクトレンズ検査料1、CT撮影及びMRI撮影、大腸CT撮影加算、抗悪性腫瘍剤処方管理加算、外来化学療法加算1、無菌製剤処理料1・2、心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)及び初期加算、脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)及び初期加算、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)及び初期加算、呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)及び初期加算、がん患者リハビリテーション料、認知症患者リハビリテーション料、認知療法・認知行動療法1、精神科作業療法、精神科ショート・ケア2「大規模なもの」、精神科デイ・ケア2「大規模なもの」、重度認知症患者デイ・ケア料、医療保護入院等診療料、エタノールの局所注入(副甲状腺に対するもの)、透析液水質確保加算2、下肢末梢動脈疾患指導管理加算、乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)、経皮的冠動脈形成術、経皮的冠動脈ステント留置術、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、大動脈バルーンパンピング法(IABP法)、早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術、医科点数表第2章第10部手術の通則5及び6(歯科点数表第2章第9部の通則4を含む。)に掲げる手術、医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術(胃瘻造設術(内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。))、輸血管理料Ⅱ、輸血適正使用加算、人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算、胃瘻造設時嚥下機能評価加算、麻酔管理料(Ⅰ)、病理診断管理加算1

 

(手術に関する事項)
黄斑下手術等、鼓室形成手術等、肺悪性腫瘍手術等、靱帯断裂形成手術等、尿道形成手術等、角膜移植術、肝切除術等、子宮附属器悪性腫瘍手術等、食道切除再建術等、人工関節置換術、ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術、経皮的冠動脈血栓除去切除術及び経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術

3. 食事療養費
入院時食事療養(I)の届出を行っており、管理栄養士又は栄養士によって管理された食事を適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

4. 特定療養費
当院は以下の事項について患者様のご希望により、制限回数を超えて受けた診療については特別の料金を徴収させていただきます。
1)検査(腫瘍マーカー)
・α―フェトプロテイン精密測定
・癌胎児性抗原精密測定(CEA)
2)リハビリテーション
・脳血管疾患リハビリテーション料(I)
・運動器リハビリテーション料(I)
・呼吸器リハビリテーション料(I)
3)精神科専門療法
・精神科デイ・ケア(大規模なもの)
・精神科ショート・ケア(大規模なもの)

5. 特別の療養環境の提供に関する事項
当院の一般病棟特別療養環境室(1人部屋、2人部屋)については、次のとおり料金の負担をお願いしております。
特別室(501号室)···8,640円  個室···3,240円  2人部屋···1,080円

Page Top